2012年02月29日

2月の俳句

2月分のTwitterでつぶやいた、俳句っぽいもの。

2/01 ☆如月だ 私のつきだ 期待しよ♪
2/02 ☆見惚れてる 吹雪の乱舞 窓の外
2/03 ☆寒いしか 思い浮かばず 空見上げ
2/06 ☆強すぎた 寒波息切れ 雨模様

2/08 ☆見上げれば 小雪舞い散る 春遅し
2/08 ☆キラキラと 輝く風花 凍える手
2/13 ☆雨と雪 入り混じりつつ 月隠す
2/19 ☆窓の外 絶好調の 寒さかな

2/20 ☆この雪の 下に春の芽 待機中
2/22 ☆暖かな風に 雪溶け 春近し
2/22 ☆雨だから 寒くはないと 自己暗示
2/24 ☆穏やかに 春の扉が 動きだす

2/25 ☆剪定で 花も心も リフレッシュ
2/26 ☆湖を 渡ると雨が 雪となる
2/26 ☆座禅草 雪に埋もれて 修行中
2/28 ☆春めいた日射しを 冷たい風が切る
2/28 ☆花の種 春炬燵しつ 選ぶ夜


2月は「雪」を取り入れたものが多かった。
それほどまでに、「ゆき」好きなさららっちなんだけど。
暦通りと言うか、何というか、今日のお昼頃から、暖かくなって、週間予報とか見ても、もう、最低気温も氷点下にはならないっぽいし。
そろそろ、春がくるね♪
 
 
posted by さらら at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

1月の俳句

1月分のTwitterでつぶやいた、俳句っぽいもの。

1/02 ☆初夢が 雨に流れて 消えてった
1/04 ☆寂しさの 上に降り積む 白い雪
1/05 ☆太陽が 雪と寂しさ とかしてく
1/06 ☆待ちわびた 蕾ふくらむ 寒菜花

1/11 ☆水仙の 香りが眠り 誘う午後
1/11 ☆マフラーに 命吹き込む如き 風
1/14 ☆懐かしき 炎乗り越え どんと祭
1/15 ☆暖冬に 危機を見た人 今いづこ

1/17 ☆しもやけは 土からいただく 勲章さ
1/21 ☆人の世の 幻想嗤うか 寒鴉
1/23 ☆願い乗せ 吹く風の名は 雪起こし
1/23 ☆嘘じゃない ホントでもない 冬深し

1/26 ☆雪が舞い 回線乱るる 白き朝
1/28 ☆河豚よりも 白き柔肌 強き毒
1/30 ☆太陽に照らされ はかなく舞う風花
1/30 ☆風花も つかみきれずに 見失う



1月分のTwitterでつぶやいた、川柳っぽいもの。

1/03 ☆日常へ ワープするまで あと数分
1/12 ☆白昼に 夢みる夢は 人の不幸
1/31 ☆赤信号 渡れる正義に 恐怖する



一応、俳句だけを詠みたいんだけど、たまに、季語を入れられなかったり、入れ忘れたりってのがあるので、それは別枠にしてみた。
なんか、誰にもバレないように、毒を吐く術を身に付けつつあるようで。
私も大人になったなぁ〜(笑)。
 
 
 
posted by さらら at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

12月の俳句

ツイッターで、「2011年に一番多く発言した単語」というのをやってみたら。

salala2 / さらら
salala2 が2011年に一番多く発言した単語は【#jhaiku】です。 その他のランキングはこちら → http://t.co/6BMlotlo #watatan2011 http://t.co/tuqdN8Zy at 12/30 09:26

こんな結果になったんだけど。
今年は、1月と5月と9月と、あと、年末になって、つぶやいたいくつか、しかないんだよね。俳句。。。

今年は、あんまり、心の余裕がなかった感じだなぁ。いろいろあったしね。
来年は、もうちょっと、心の中だけでも、余裕を持ってたいなぁ。なんてことを思った。

と言う訳で。
12月分のTwitterでつぶやいた、俳句っぽいもの。

12/22 ☆寒いから 来なくていいよ クリスマス
12/22 ☆冬枯れの 野と曇り空 沁みてくる
12/23 ☆うなだれた 最後の菊に 涙雨
12/23 ☆山茶花の赤より 夜の闇を恋う

12/26 ☆風花と 風に煽られ 瞳燃え
12/26 ☆積もらない 雪に似た人 似た思い
12/27 ☆凍りつく ため息かき消す 陽の恵み
12/28 ☆暖かい 日差しを胸に 溜め込もう

少ないけど・・・。
とりあえず、今年はこれで終了。

今年はホントに、いろいろなことがあったけど、とにもかくにも、私はこうして、ブログもツイッターも続けていられた。
ブログにコメント書いてくれたり、ツイッターでかまってくれた皆様。
今年一年、本当に、ありがとうございました。
来年が皆様にとって、良い年でありますように。。。

では、良い年をお迎えくださいね♪
 
 
posted by さらら at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

9月の俳句

9月分のTwitterでつぶやいた、俳句っぽいもの。

09/01 ☆嵐くる 前夜の虫の音 秋の色
09/03 ☆憂愁が 嵐とともに 停滞中
09/04 ☆台風が 過ぎ去りスズメが 戻り来る
09/08 ☆暑気戻り 残りのジュース 飲み干した
09/09 ☆重陽の 節句淋しく 忘れられ

09/11 ☆涼風と 夏の光の コラボレーション
09/12 ☆お月見を 一緒にする夢 見たい夜
09/13 ☆十六夜の 物語聴く もう一度
09/14 ☆立ち待ちの 月仰ぎ見る ひとりきり
09/16 ☆雨音と 虫の音響く 心まで

09/17 ☆雨垂れに 揺れるコスモス 濡れる髪
09/19 ☆涼しさを もたらす雨降る 彼岸前
09/20 ☆虫の音を 遠く押しやり 雨降る夜
09/21 ☆タイムライン 半日遅れで 台風色
09/23 ☆目を覚ませ 空を見上げよ 虫けらども

09/23 ☆倒れても また咲きなおすよ 秋桜は
09/24 ☆小春日を 浴びれば楽しい 草むしり
09/25 ☆竜渕に 潜む飛沫か 細き雨
09/29 ☆月のない 秋の夜空に 咆えてみたい
09/30 ☆雨の夜に どこかで香る 金木犀


またまた、久々になっちゃったけど、9月の分。
で、今日はもう、10月なんだよね。
光陰矢の如し。だね♪
 
 
posted by さらら at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

5月の俳句

ものすご〜く久々の、Twitterでつぶやいた、俳句っぽいもの。
5月の分なんだけど、1月の分を記事にして以来・・・。
まぁ、今年は、すでにいろいろあったからなぁ・・・。
それでもとにかく、復活できて良かった良かった。

05/01 ☆投げ売りの 苗を抱えて 通り雨
05/02 ☆ちょい淋しい 八十八夜の 別れ霜
05/02 ☆黄砂舞う 青くない空 恋の距離
05/03 ☆憲法を 崇めていても 花は散る
05/04 ☆イチハツの 凛々しき青さに また逢えた

05/05 ☆寂しさに 溺れて死にたい 初夏の宵
05/11 ☆春の嵐 木綿のハンカチ ねだろうか
05/16 ☆今日もまた 春の証しの 霞む空
05/17 ☆春雷に 負けじとアヤメ 凛と咲く
05/20 ☆日焼けした 手の甲だけが たくましい

05/21 ☆さよならを 言わずにポトポト 散る躑躅
05/21 ☆赤い薔薇 咲いて心に 火をつける
05/23 ☆五月雨に 心と心が かくれんぼ
05/25 ☆雨上がり 唯我独尊 バラ盛り

05/26 ☆カタバミの 種はじけ飛び しかめっ面
05/26 ☆梅雨入りを したよときみに 伝えたい
05/28 ☆雨は好き 傘忘れるから 入れてって
05/29 ☆大雨の 音かき消して その声で


最近は、私以外の人が読んでも、真意がよく分からないような、そんな感じのが気に入ってたりする。
「神秘のヴェールに包まれた」みたいなのがいいかなぁ。なんて。そんなことを考えてる今日この頃。だったりして。。。
 
 
posted by さらら at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

1月の俳句

1月分のTwitterでつぶやいた、俳句っぽいもの。

01/04 ☆日常の 始まりの朝の 霜景色
01/07 ☆雪の朝 初登校に はしゃぐ声

01/15 ☆明日会える? 恐怖と魅惑の 雪女
01/15 ☆雪女 誘惑されて 壊れたい

01/16 ☆氷点下 清々しいほど 白い朝
01/16 ☆風花に 夢のカケラを 添わせてた
01/16 ☆吹雪く夜 言いたい言葉も 凍らせて

01/19 ☆あっぱれな 月をかすめて 雪起こし
01/19 ☆憶えてる? 樹氷の街に 行く夢を
01/19 ☆あの人も 気付くといいな 初満月

01/20 ☆大寒の 傾く夕陽 雲隠す
01/21 ☆スイセンの 甘い香りも あと少し
01/22 ☆寒晴れに まったり庭の 手入れする

01/23 ☆寒いとか 言い訳重ねて 愛を編む
01/24 ☆霜降る朝 名残りの月が 欠けていた

01/26 ☆朝の雪 儚く消えて 夢模様
01/26 ☆今日もまた 雪の行方が 流れてる

01/27 ☆雪が消え 待ちわびた花芽 きらめいた
01/27 ☆ホントでも 嘘でもいいよ 寒いから

01/28 ☆雪うさぎ 輝くことが 哀しくて
01/28 ☆夜の雪 三日坊主で 終わるかな

01/29 ☆寒晴れの 空気の冷たさ 頬を突く
01/29 ☆しもやけが みっともないから 逢いたくない


昨日から、体調さいあくぅ〜♪
で、『江』が見られなかった・・・。
せっかく、『江』の感想シリーズ始めたのに・・・。
土曜日の再放送で見れればいいな・・・。

とりあえず、明日から始まる2月は、ブログ始めて5周年記念月間!にするつもり。
まぁ、たいしたことはしないけど。
って言うか。完全に、自己満足の世界に浸る予定。だから、期待しないでね♪
 
 
posted by さらら at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

12月の俳句

あけまして おめでとう ございます!

ちょっと遅くて、もう、お正月も終わりっぽいけど・・・。
とりあえず。
12月分のTwitterでつぶやいた、俳句もどきの川柳っぽいもの。

12/02 ☆木枯らしと 悲しみ知らせる 音重なり
12/03 ☆嵐きて 嵐の前の 静けさ知る
12/04 ☆目をそらし 落ち葉の行方 追う瞳

12/07 ☆大雪の 画面に切なさ 流れくる
12/07 ☆大雪に 咲くはずの花 待ちわびて
12/08 ☆陽が落ちる 速さに師走 感じてた

12/09 ☆突然の 雨で空気も 冷えきった
12/10 ☆焼き餅を 焼いてホンワカ 冬日和
12/11 ☆楽しみを 一つかき消す 冬の雨

12/12 ☆澄み渡る 冬空の下 待っていた
12/13 ☆すきま風 わざと吹かせて 泣いてみる
12/15 ☆落葉の里 その名に恥じぬ 落ちっぷり

12/18 ☆内緒だよ 年忘れなんて 大嫌い
12/19 ☆湯たんぽが 嫉妬するよな 夜にしよ

12/23 ☆着ぶくれに 見えない程度に ふくれたい
12/23 ☆めまぐるしい 天気の流れが 師走っぽい
12/25 ☆狂騒の 一夜が明けて メリークリスマス!

12/28 ☆生温さ 冬の雷 引き裂いた
12/28 ☆御用納め しても答えは 出ないまま
12/31 ☆初雪が 今年を見送る 華となる

ツイッターで、「今日の季語」ってのを毎日つぶやいてる方がいて、12月になって、それを活用させてもらってる。
で、「鯨」が冬の季語だったりして、毎日読ませてもらってると、結構、おもしろいってことに気づいた。

という訳で。
今年もヨロシクね♪
 
 
posted by さらら at 19:03| Comment(4) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

11月の俳句

11月分のTwitterでつぶやいた俳句っ!

11/01 ☆気が付けば 最後のページの カレンダー
11/03 ☆のどかなる 秋の陽射しを 脳内保存
11/03 ☆戦いが 終わって寒さを 思い出す

11/09 ☆山からの 風吹き荒れて 冬近し
11/09 ☆10度目の 四日の月の キレのよさ
11/09 ☆夢よ夢 かなうのならば さめないで

11/12 ☆ひとり言 菊につぶやき 雨模様
11/16 ☆カレー炊く 香りでしばし 寒さ薄らぐ

11/19 ☆初霜の 寒さ儚さ かみしめる
11/19 ☆今日もまた 大根カレーで あったまろ

11/21 ☆雨音が 小雪はまだまだ 先と言う
11/21 ☆淋しさと 菊をへし折る 恵みの雨

11/23 ☆木枯らしの 季節がきたよと 騒ぐ木々
11/23 ☆聞こえない 気づかないふり 揺れるナデシコ

11/24 ☆小春日と 霜降る朝の 繰り返し
11/25 ☆赤や黄に なれずに散った 林檎の葉

11/26 ☆マフラーに 祖母との思い出 編み込んで
11/26 ☆祖母の手の 魔法を伝授 された冬

11/27 ☆紅葉が 色褪せるほど 愛されたい
11/27 ☆愛なんて 面倒だよと いちょう散る

11/28 ☆あと二日 師走に何を 思おうか
11/29 ☆月曜ゆえ 落ち葉踏む音 高らかに

やっぱり私は、冬が好き♪
久々に、言い訳を考えなくてもいいぐらい、俳句った(笑)。
いや。なんかね。先週の週末に、なんか不思議な体験というか、妄想というかw をしちゃった。
公開なのに、多分、誰にも分からない。私だけの秘密。みたいな妄想(笑)。

だからね。みんな。妄想力は大事だよっ!
みんなも、俳句つくって、妄想力を育てて、楽しい毎日を過ごそうぜっ!!!
 
 
posted by さらら at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

10月の俳句

10月分のTwitterでつぶやいた、俳句もどきの川柳っぽいもの。

10/03 ☆金木犀 風の香りで 開花知る

10/04 ☆山風に コスモス倒され 泣き寝入り

10/07 ☆ヒマワリに 夏の日差しの 秋10月

10/09 ☆雨の夜に 揺れるコスモス 涙顔

10/10 ☆夜に咲く 花は天使の トランペット

10/26 ☆メジロかな 紫式部の 実が減った
10/26 ☆唐突な 寒波はハルヒの いたずらか?

10/30 ☆揺れる花 ぼぅっと眺める 暮の秋

10月は・・・。言い訳を書こうと思ったけど、止めた。
その代わりに、今月は、オマケ付き(笑)。

diary864.jpg

水鏡 逆さ伊吹と 秋の雲


diary865.jpg

秋空に 飛び立つ翼 自慢かな


diary866.jpg

ノラネコも 食欲の秋に なりにける


って言うか、ここ。
ノラネコにエサをやってる人がいるって噂を聞いたことがあるんだけど。
ホントにいるみたいで、ノラネコが、どうみても、キャットフードを食べてる姿を初めて見た。
実は、1匹もらって帰ろうかな。なぁ〜んてことをちょっと思ったんだけど、食事の邪魔しちゃ悪いから、つれて帰るのはやめにした(笑)。



あと。どーでもいいことなんだけど。
お土産のお菓子にお酒入れるの、ハンターーーイ!
まだ、頭痛いぞーーーっ!!!

お酒ってさ。体質的に受け付けない人もいるんだから。そんなに簡単に、お菓子の中に入れないでーーーっ!
という運動をやろうかと、痛い頭で考え中(笑)。
 
 
posted by さらら at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

9月の俳句

9月分のTwitterでつぶやいた、俳句もどきの川柳っぽいもの。

09/02 ☆涼しさに 夜明けのこない 夜願う
09/03 ☆熱帯夜に 眠れぬ理由 押し付ける
09/05 ☆猛暑でも 夕陽は確かに 秋模様
09/06 ☆台風に 雨期待する 身勝手さ
09/08 ☆大風が 熱気をさらい 滴落つ
09/13 ☆簾舞い 夏にさよなら 告げる雨
09/15 ☆タマスダレ ポツポツ咲き出す 秋の入り口
09/17 ☆愛でられて 嬉し恥ずかし 千日紅
09/19 ☆朝露の きらめきの中 立ちつくす
09/20 ☆彼岸花 探して見つけた 露草萌ゆ
09/24 ☆すりガラスの 向こうでヤモリが 食事中
09/24 ☆青虫を 食べるカナヘビ イケメンだ
09/26 ☆コスモスが 優雅に揺れる 心地良さ

2日に1つにちょっと足らず・・・。
って言うか最近は、「もし、間違っていたら、どうするのか」という感じのことが頭の中で渦を巻いてて。なんだかなぁ。な毎日だったりして。
でなんか、この世の中に、「間違っていない」ことなんて、あるのだろうか。とか。
その考えも「間違っている」かもしれず。とか。まぁ。そんな感じ。
とりあえず。チマチマと生きてます(笑)。
 
 
posted by さらら at 21:35| Comment(3) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。